[打込]Tuxguitarベース宅録

「ベースで弾いてみた」動画の作り方⑨Tuxguitarでかえるのうた♪その1



こんばんは、黒猫です。

今回は、Tuxguitarのシュミレーションをしてみましょう!お題は皆さんご存知「かえるのうた」です♪

 

※本記事の方針としては、なるべく基本機能だけを使い、まずは打ち込みの作成を楽しんでもらえればと思い考えましたので、ある程度初心者向けとなっています。あらかじめご了承ください。

 

それではスタートです(・ω・)ノ

今回はメロディー楽器×4つ+ドラムを使った、合奏スタイルの「かえるのうた」を作っていきます。

 

1.トラックの追加

今回は合計5つの楽器を使いますので、「トラック」→「トラック追加」を4回繰り返します

 

2.小節の追加

「小節」→「追加(空小説)」→追加する総数「15」→「OK」

 

3.拍子記号、テンポの変更

「拍子記号(赤枠)」→分子「2」→「OK」

「テンポ(オレンジ枠)」→テンポ「88」→「OK」

 

4.楽器の変更

楽器をTrack1~4まで自由に4つお選びください。

トラック名をダブルクリック→楽器「(例)Piano」→「OK」

※楽器選択時にパソコンのキーボードの「P」を押していくと、Pから始まる楽器を次々に表示してくれます

 

Track5をドラム用のトラックにします。

トラック名をダブルクリック→楽器「ドラム/パーカッション」にチェック→「OK」

 

私は「Piano」「Violin」「AltoSax」「Trumpet」を選びました。

クラリネット、チェロ、マリンバ(木琴)など何でもOKです。

 

5.音を入力

Track1の1小節目を選択してください(一番上の一番左の小節)。

最初の音は「ド」です。ピアノを表示している方は真ん中の「ド」、

フレットボードを表示している方はA線(第5弦)の上から3つめをクリック(画像左側)。

これを8分音符に変えます(画像右側)。

パソコンのキーボードからTab譜に直接「3」と入力してもOKです。

※半角モードにしておいてくださいね!

次の音に移動するには、マウスでクリックして選択するか、キーボードの十字キー「→」を押してください。

 

6.最後まで入力してみましょう!

こういうのは習うより慣れろ、です(笑)

下の図を参考に最後まで入力してみてください。

完成したら再生してチェックしましょう♪

 

【ヒント】

①開放弦はフレットボードのこの位置をクリックです

 

②16分音符はこちらです

 

慣れてくれば、マウスを触る回数は減るでしょう。

個人的には、キーボードだけで移動(十字キー ←・→)や入力(数字)を行うのが理想ですが、実際はピアノを表示してカチカチしてます(・ω・;)

 

ここまでの操作について、ご質問や分かりにくい点などお気軽にお問い合わせください!

 

そろそろ画像も多くなってきていますので記事を分けたいと思います。

もし宜しければ続きもご覧下さいね(・ω・)ノシ

 

______________________

こちらの記事もご参照ください♪♪♪

「ベースで弾いてみた」動画の作り方【まとめ】

「ベースで弾いてみた」動画の作り方⑦作曲ソフト

「ベースで弾いてみた」動画の作り方⑧Tuxguitarの基本

「ベースで弾いてみた」動画の作り方⑨Tuxguitarでかえるのうた♪その1その2その3

【補足】Tuxguitar「拍子記号」の設定について

【補足】Tuxguitar「テンポ」の設定について

 

“弾いてみた”動画関連カテゴリー♪♪♪

◇[動画]Kizoa



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です