[動画]Kizoaベース宅録

「kizoa」を使って動画編集をしてみた②



こんにちは、黒猫です。

前回はkizoaに動画をアップロードする所までやりました。

通信環境によってかかる時間は変わってくると思いますが、無事にアップロードできましたでしょうか?

 

私はその後、曲によっては5,6分の動画も作れないと困ると思いましたので、もう1本の動画と、テスト用に画像も1枚アップロードしておきました。

動画は合計7~8分になりました。これで十分でしょう。

 

新しい動画や画像は、赤丸をクリックで追加できました。

アップロードが完了した動画はダブルクリックで開くことが出来ます。

(イメージ画像が出たり出なかったりの原因は今のところ不明です。汗)

 

7.音楽の追加(アップロード)

次に「音楽」タブをクリックしてみました。

YouTubeで自由に使って良いよ~って音源が結構ありますね!

でも今回は自分で作った音源を追加したいので・・・

左に「自分の音楽」とあります。

 

クリックしたら音楽無いよって言われました。早速追加してあげましょう。

 

「自分の音楽を追加する」をクリックすると、この画面が出ます。

ここ、大切ですね!しっかりご確認を!

対応形式は「「 MP3,MPEG4,M4A,ACC,WMA 」」となっています。

 

Radio Lineで録音して最後に音声ファイルとして保存すると「WAV形式」で保存されるのですが(これは他の形式が選択できません)、どうやら対応していないようです。

 

ここはひと手間必要ですね。iTunesに助けてもらいます。

※iTunesで無くても、お手持ちのソフトで変換してくださいね!

やり方を簡単に記載します。

編集→設定→一般→インポート設定

インポート方法を、Kizoaに対応している形式に変えます。

私はMP3にしてみます(ほかの対応形式でも構いません)。選んだら「OK」。

 

それでは使用する音源をiTunesに追加しましょう。

ファイル→ファイルをライブラリに追加、又はドラッグ&ドロップ

 

追加出来たら、曲を選択して、ファイル→変換→MP3バージョンを作成

 

変換が終わったらコピー&ペーストで任意の場所に保存しましょう。

※Tuxguitarで作った打ち込みをWAVへ変換する時に困るので、覚えている内に設定は元に戻す事をお勧めします!

 

それではkizoaに戻って、音楽を追加してみます。

 

アップロードが完了するとこの画面が出ます。

ムービーに追加するをクリックしましたが何も起こらなかったため、「終了」をクリック。

 

WAVが使えなったのが予想外であまり進みませんでしたが、画像が多くなってしまったのでここまでにします。

ちなみにWAVが使えない理由は、データ容量が大きすぎるからだと予想しています。

MP3に変換したものと比べると10倍近く違いました!

 

それでは、またお会いしましょう(・ω・)ノシ

 

______________________

こちらの記事もご参照ください♪♪♪

「ベースで弾いてみた」動画の作り方【まとめ】

「ベースで弾いてみた」動画の作り方⑪動画編集ソフト

「ベースで弾いてみた」動画の作り方⑫YouTubeの投稿方法

 

“弾いてみた”動画関連カテゴリー♪♪♪

◇[動画]Kizoa



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です