ベース宅録

【補足】Dropboxについて



こんにちは、黒猫です。

今回は「ベースで弾いてみた」動画の作り方⑩の記事で

名前だけご紹介した、「Dropbox」についてです。

 

“弾いてみた”動画を作成する時だけでなく、

普段のデータバックアップやバンド内でのデータ共有など

色々と便利なサービスなので是非ご活用くださいね♪

 

まず基本機能的には、会員登録を済ませればいつでもどこでも無料で使えます!

(ネット環境は必要です。詳細はこちら

 

それではこの「Dropbox」で何が出来るか、簡単にご紹介します。

 

1.データの保存

オンライン上にデータを2Gまで保存する事が出来ます。

ご自分のPCやスマホからDropboxへアップロードしておけば、

いつでもアクセスしてデータを閲覧する事が可能です。

例えば、スマホで撮った思い出の写真をDropboxにアップロードしておけば、

万が一スマホを紛失してしまった時や故障してしまった時でも、

Dropboxにアップロードしておいた写真だけは無事!という訳です。

同じようなサービスとしてはiPhoneのiCloudとか、Google Driveがありますね!

 

私はバックアップついでに写真や動画をスマホからDropboxへアップロードした後、

「パソコンにデータをコピー」&「Dropboxからデータを削除」する事で、

2Gの保存容量を超えずに長年利用させて頂いています。

 

2.どこからでもアクセス

ご自分のパソコン以外、例えば外出先で借りたパソコンからでも、

Dropboxにログインすればデータの閲覧が可能です。

データをDropboxにアップロードしておけば、USBを持ち歩かなくてもOK。

 

私の場合、実家に帰る前に必要なデータをDropboxに預けて、

実家のパソコンからDropboxにアクセスしてデータを編集する、

という方法をよく使っていました。

USBって小さいからすぐ行方不明になるんですよね(・ω・;)

 

3.データ共有

ある特定のフォルダやデータだけ、他のユーザーと共有する事が出来ます。

Dropboxではこのフォルダを「共有フォルダ」と呼んでいます。

共有フォルダは”招待”される事で閲覧が可能になります。

例えば、バンドメンバーとその日に録った音源を共有したり、

ライヴの写真を共有したり、セットリストを共有したりと使い道は沢山あります。

写真であればLINEで簡単に共有出来ますが、

ExcelやWord、PDFとなるとLINEでは難しいですよね。

Dropboxに登録さえしていれば、そんなデータの共有も簡単です♪

 

 

 

さて、Dropboxいかがですか?(・ω・)

使ってみようかな、と思って頂けたらこちらからご登録くださいね。

(会員登録、基本操作はこちらでご確認ください)

 

会員登録が完了したら、次にパソコンとスマホにアプリケーションを導入しましょう!

これでDropboxにアクセスせずに、データのアップロードが直接出来ます。

( iOS、Androidに対応)

 

パソコン、スマホがDropboxとリンク出来れば、

“弾いてみた”動画のデータの移動が簡単になります♪

1.スマホで撮影した動画をアプリを開いてDropboxにアップロード

2.同期が完了するのを待ちます

3.パソコンでDropboxのフォルダを開けば動画が手に入ります

 

 

もちろん他にもデータを移す方法はありますし、

私はDropboxの宣伝がしたい訳でもありませんので、

やり方は読者様にお任せ致します。

 

こんな方法もあるんだな~程度に思って頂ければ幸いです。

 

それではまたお会いしましょう(・ω・)ノシ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です