備忘録

Googleアプリ「ドキュメント」とWordの比較メモ



はじめに

最近新しくオフィスがインストールされていないパソコンを購入しました。当面の間はオフィスの代わりにGoogleで無料で使えるアプリ「スライド」や「ドキュメント」、「スプレッドシート」を使用しようと考えています。

こちらの記事では備忘録としまして、実際にGoogleアプリ「ドキュメント」を使いながらMicrosoftOfficeの「Word」と異なる点や、Wordで出来て「ドキュメント」で出来ないこと、ボタンの場所などをメモしていきたいと思っています。

 

使い方

Googleアカウントにログインすると右上に表示される、下図のボタンをクリックするとアプリが表示されます。私は既にショートカット登録でカスタマイズしているためこの位置に表示されますが、初期設定ではもっと下の方に表示されていると思います。

 

メモ

「互換性」

ネットでWordの拡張子のテンプレートをダウンロードしてドキュメントで開いたところ、表のデザインが保たれず使えなかった。幅を調整しようとしたが煩雑であきらめました。

 

「フォント」

初期設定のフォント以外に、「その他のフォント」から「マイフォント」に追加ができます。

 

「文字の均等割り付け」

Wordでは便利に使っていたこの機能ですが、ドキュメントには無いみたいです。

Wordで均等割り付けを設定していた(3文字を4文字)ものが、ドキュメントで開くと調整前の3文字に戻っていました。

 

「余白」

ファイル→ページ設定

ここでページの向き、大きさ、色、余白が編集できます。Wordでは「やや狭い」「標準」「やや広い」などの選択肢がありましたが、自分で数字を直接入力するようになっています。

 

「列の追加」

論文などはよく2列になっていますよね、表示形式→列から選択できます。

 

「上付き文字、下付き文字」

表示形式→テキストから選択できます。数式を入力するときなど使うと思います。

 

「蛍光ペン」

Wordでは確か蛍光ペンだったと思いますが、ドキュメントでは「ハイライト」になっています。

 

「保存、ダウンロード」

基本的には自動保存されているようで、癖でCtrl+Sを使ってしまいますが果たして意味があるのかどうか…

パソコンへのダウンロードは、ファイル→形式を指定してダウンロードからできます。

MSオフィスの形式、PDFなどが選択できます。

 

「校閲・スペルチェック」

ツール→スペルチェックから補正できます。

 

「検索と置換」

編集→検索と置換から可能です。Wordとほぼ同じように使えると思います。

検索した文字の色を変えたりできればもっと便利だと思って調べたのですが、今は無理みたいです。

 

「図形の挿入」

挿入→図形描画→図形

一旦、別画面で編集してからドキュメントに挿入するような感じです。挿入後にも編集はできますし、慣れたら使いやすそうですが、ちょっと違和感がありますね。笑

 

「概要」

手動で設定することも可能ですが、自動である程度作成されます。表示タブ→ドキュメントの概要を表示で左側に表示されます。

 

「提案モード」

誰かとファイルを共有する際、自分がどこを修正したのか一目で相手に伝えられます。相手が「承認」にチェックすることで、その修正がドキュメントに反映されます。画面右上の方にある鉛筆マーク(編集モード)をクリックして、「提案」を選びます。

なお、相手に編集されたくない場合は、「閲覧モード」に変更しておくことでトラブルを防止できますね!

 

 

 


随時気づいたことをメモしていきます。黒猫



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です