2級土木施工管理技士施工管理技士

【2級土木】平成22年度学科試験No.45「橋梁」解説



こんにちは、黒猫です。

今回は、平成22年度に出題された「橋梁(きょうりょう)」の各部名称についての問題を解説してみたいと思います。※No.45は必須問題です。

受験した時にはここまで気が付かなったのですが、No.45は毎年図付きの問題が出題されているみたいです。それも、過去にあまり出題されていないような…(平成29年度は「逆T型擁壁」の各部名称でした→記事はこちら

とにかく私たちに出来ることは過去問を理解しておくことです!今回は橋梁をマスターしましょう(・ω・)ノ

__________________________________________

こちらもご参照ください♪
2級造園施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】

2級造園施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
2級土木施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級土木施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

※参考ページ 「土木施工管理技士の過去問、想定問題サイト 土木施工管理技士に挑戦!」

平成22年度 2級土木施工管理技術検定試験 学科試験 No.45

下図は,橋梁の一般図を示したものであるが,図中(A)~(D)のうち橋長を示すものはどれか。

  1. A
  2. B
  3. C
  4. D

———解答はページの下の方にあります———

”カン”が冴えていたら、言葉のイメージから正解を導き出せるかもしれませんが…これはちょっと引っ掛かってしまう問題ではないでしょうか。

私はもちろん橋の施工経験なんてありません。何を隠そう「橋梁」も読めなかったくらいの素人です、橋梁の一般図なんて言われても困っちゃいます(笑)

もし自分の経験分野以外から出題されたら、潔く諦めることも必要です。他の問題で点数を稼ぎましょう!

というわけで、橋の構造なんて分からないし間違った事を書くといけないので、正解だけご紹介します…

B=橋長

C=橋桁長

D=支間

※私のノートに「径間」もメモしてあったので、ついでに書き込んでおきました♪

※Aに名称はあるのでしょうか?もしご存知の方いたらコメントにてご教授頂けると助かります!

もし興味があれば、こちらのページをご参照ください。

解  答   2

2級土木/管理人おすすめ参考書


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です