2級土木施工管理技士施工管理技士

【2級土木】平成27年度学科試験No.45「逆T型擁壁断面配筋図」解説



こんにちは、黒猫です。

今回ご紹介するのは、平成27年度に出題された「逆T型擁壁の断面配筋図」に関する問題です。逆T型擁壁に関する問題については、平成29年度にも図が示されて各部の名称を答える問題が出題されました。→記事はこちら

今回取り上げる平成27年度の問題ですが…正直に言って、問題を見た途端に知らんぷりしたくなるようなごちゃっとした図です。これは見慣れた人でないと辛いと思います。ところが厄介なことにNo.45は必須問題です。

こんな時は、明らかに違う選択肢を消していく「消去法」で正解率を上げましょう。

__________________________________________

こちらもご参照ください♪
2級造園施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】

2級造園施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
2級土木施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級土木施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

※参考ページ 「土木施工管理技士の過去問、想定問題サイト 土木施工管理技士に挑戦!」

平成27年度 2級土木施工管理技術検定試験 学科試験 No.45

下図は逆T型擁壁の断面配筋図を示したものである。たて壁の引張側の主鉄筋の呼び名は次のうちどれか。

  1. D19
  2. D22
  3. D25
  4. D29

———解答はページの下の方にあります———

ちなみに、平成29年度に出てきた図面はこちらです。平成27年度と同じく右側が盛土側です。

平成27年度に話を戻しますが、まずは問題と選択肢をもう一度よく見てみます。問題からは「たて壁」「引張側」「主鉄筋」の3つのキーワードが読み取れます。次に選択肢となっている鉄筋の場所を確認すると、「たて壁」と「引張側」の意味が分かれば正解を導き出せそうです。

「たて壁」については平成29年度の図から分かりますね!あとは「引張側」ですが、これは盛土側が該当します。

たまたま平成27年度と平成29年度は同じ逆T型擁壁から出題されてはいますが、仮に平成27年度の過去問を解いていて、問題を解くのに必要な「たて壁」と「引張側」の知識があったとしても、平成29年度の問題はそれだけでは正解できません。ちょっと手強い問題でした。

解  答   4

2級土木/管理人おすすめ参考書


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です