2級土木施工管理技士施工管理技士

【2級土木】平成26年度学科試験No.45「道路の橋台構造」解説

こんにちは、黒猫です。

今回ご紹介するのは、平成26年度に出題された「道路の橋台構造」に関する問題です。

図面や略図が出てくるNo.45ですが、こればっかりは初見では難しいと思います。せめて10年分はしっかり過去問を解いて理解しておきましょう!

__________________________________________

こちらもご参照ください♪
2級造園施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】

2級造園施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
2級土木施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級土木施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

※参考ページ 「土木施工管理技士の過去問、想定問題サイト 土木施工管理技士に挑戦!」

 

平成26年度 2級土木施工管理技術検定試験 学科試験 No.45

下図に示す道路の橋台構造一般図に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

 

  1. パラペット(胸壁)の高さは1.166 m である。
  2. 車道幅員は8.2 m である。
  3. フーチングの厚さは0.9 m である。
  4. 横断勾配は2.0%である。

 

———解答はページの下の方にあります———

 

 

さてさて、もう問題No.45では毎度のことですが、一般図と言われましても本当に困ってしまいます…パラペット?フーチング?何それ初めて聞きましたって状態ですww

まず左側の「正面図」はなんとなく道路の横断面だと分かりますが、A-Aの断面図がどうやったら右側の図になるのかさっぱりです。これは施工を経験した人が解ければ解ければ良いんじゃないかな、と思います。切羽詰まっている方は捨てていいですよ!(笑)

 

とりあえず、ちょっと名称とか調べたのでこちらご参照ください。

 

 

問題に出てきた「パラペット」「フーチング」という謎の用語は「橋台」に当たる部分だったようです。そもそも「橋台」を理解していなかったことで、A-Aの断面図もさっぱりだったんです。

こちら平成22年度の問題に出てきた図ですが、緑で塗りつぶしたところが「橋台」です。

つまり、左側の図は道路を進行方向に見た図で、右側は橋を真横から見た図、という事になります。

 

そして解答にもつながる部分ですが、「車道幅員」とは車が走る部分のみの長さを示す言葉だそうです。ちなみに、車道幅員」と、縁石などを含めた部分の長さを示す言葉は「全幅員」です。

 

というわけで、この問題を正解するためには「車道幅員」という言葉を正確に理解し、それが図面のどこに当たるかを知っている必要がありました。

 

No.45の問題ばかり見ているせいか、橋台が逆T型擁壁に見えてしまいます(笑)

この調子でもう少し過去問をさかのぼってみたいと思っていますので、お時間に余裕があればお付き合いください。

 

管理人お勧め参考書

 

解  答   2

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です