2級土木施工管理技士施工管理技士

【2級土木】平成30年度学科試験(前期)解答&プチ解説その1(No.1~30)



こんにちは、黒猫です。

こちらの記事では平成30年度 2級土木施工管理技術検定試験のうち、学科試験(前期試験)の解答を少し解説しながらご紹介していきます。問題はスペース削減のため省略しますので、問題を入手のうえご覧くださいね☆

※10月28日実施の試験はこちらです→後期1,2

__________________________________________

※問題用紙はこちらのサイトでダウンロードすることができます。
株式会社東北技術検定研修協会
解答速報

※こちらもご参照ください♪

2級土木施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級土木施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

合格基準は「得点が60%以上」なので、24問/40問以上正解で合格です!
(No.1~42は選択問題、No.43~61は必須問題です。全部で40問解答します)

平成30年度 2級土木施工管理技術検定試験 学科試験(前期試験)

問題01.解答1

土質調査の試験に関する問題。平成27年度にも室内試験はどれか、という問題が出題されていました。しかも正解がその時と同じ…!これはラッキーでしたね♪類題はこちらでご紹介しています。

問題02.解答3

私は正直言って「トレンチャ」が分からなくて調べましたが(汗)、トラクターショベルさえ分かれば正解出来たのではないでしょうか。こちらでご紹介しているように、知らない建設機械はYouTubeなどの動画サイトを活用して勉強すると良いですよ。

問題03.解答2

せん断強さが大きく、圧縮性や膨張性が小さく、施工しやすく、トラフィカビリティー(建設機械の走行性)が確保しやすい材料が望ましい。

問題04.解答3

押さえ盛土工法は側面に滑りを抑える盛土をしたり、勾配を緩くすることですべりを抑えるものです。

問題05.解答1

主な混和材としてフライアッシュ(発熱量抑制など)・シリカフューム・高炉スラグ、混和剤としてAE剤・AE減水剤・流動化剤などを覚えておきましょう。コンクリート初心者の方にお勧めの本をこちらでご紹介しています。

問題06.解答4

調べたところによると、単位水量は185kg/m3以下、単位セメント量の最小値は270kg/m3だそうです。邪道ではありますが、この数値を知らなくても「セメント量の”上限”」が定められているという文言に疑問を持って頂ければ正解できたかもしれません。

問題07.解答2

下層のコンクリートに10センチ程度挿入します。

問題08.解答4

重ね継手は同一断面に集めないようにします。

問題09.解答1

中堀杭工法は低騒音・低振動で施工可能な方法です。

問題10.解答3

リバースサーキュレーション工法は「泥水」が正解です。

問題11.解答2

親杭横矢板工法は止水性が低く、施工が容易で経済的です。

問題12.解答2

問題13.解答3

問題14.解答1

アルカリシリカ反応はコンクリート中のアルカリと骨材中のアルカリに反応する鉱物が反応して、吸水性の物質を生成することです。この物質が吸水の際に膨張してコンクリートを内部から破壊してしまうため、ひび割れの原因となります。

問題15.解答4

河川堤防に用いる材料は、①水に溶ける成分や有機物を含まない、②施工性がよい、③乾湿の変化による膨張・収縮が小さく、④透水係数が小さいものが良い。

問題16.解答3

流速が速い場所では、間知ブロックを使用します。

問題17.解答1

岩盤の場合は1m以上。砂防堰堤に関する類題をこちらでご紹介しています。

問題18.解答2

問題19.解答4

平成20年度のNo.19に同じような問題が出題されていました。しかも選択肢の間違っている箇所も一緒です。路上混合方式で行うのが正しいやり方です。

問題20.解答1

道路のアスファルト舗装の施工に際し、横継目部は上下層の継目が同位置とならないようにします。

問題21.解答3

問題22.解答2

スプレッダで敷き均し、コンクリートフィニッシャで締め固めます。フロートは仕上げで使う道具です。

問題23.解答2

カーテングラウチング(グラウト)。監査廊はダムの堤体内部に設けられる通路です。

問題24.解答1

問題25.解答4

問題26.解答3

問題27.解答1

問題28.解答3

問題29.解答2

問題30.解答1

その2(No.31~61)に続きます。

2級土木/管理人おすすめ参考書


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です