2級土木施工管理技士施工管理技士

【2級土木】平成30年度学科試験(前期)解答&プチ解説その2(No.31~61)



こんにちは、黒猫です。

こちらの記事では平成30年度 2級土木施工管理技術検定試験のうち、学科試験(前期試験)の解答を少し解説しながらご紹介していきます。問題はスペース削減のため省略しますので、問題を入手のうえご覧くださいね☆

※10月28日実施の試験はこちらです→後期1,2

__________________________________________

※問題用紙はこちらのサイトでダウンロードすることができます。
株式会社東北技術検定研修協会
解答速報

※こちらもご参照ください♪

2級土木施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級土木施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

合格基準は「得点が60%以上」なので、24問/40問以上正解で合格です!
(No.1~42は選択問題、No.43~61は必須問題です。全部で40問解答します)

平成30年度 2級土木施工管理技術検定試験 学科試験(前期試験)

問題31.解答3

平成28年度のNo.31で似たような問題が出題されています。礫混じり土及び礫混じり砂の硬質土の地盤では、砂基礎が用いられます。

問題32.解答1

賃金は原則として「通貨で」「直接労働者に」「全額を」「毎月1回以上」「一定の期日を定めて」支払うことと定められています。

問題33.解答4

業務中の負傷などは、たとえ退職しても補償を受けることが出来ます。

問題34.解答3

平成28年度のNo.34に同じ選択肢がありました(ブルドーザの掘削、押土の作業)。車両系建設機械の運転は、機体重量などにより特別講習または特別教育を受ける必要があります。

問題35.解答1

現場代理人は主任技術者との兼任が可能です。主任技術者や監理技術者の配置については、建設業法についてのページでご確認ください。なお平成28年に政令改正が行われています。詳細はこちらでご紹介していますのでご参照ください。

問題36.解答4

車両の幅は2.5mです。これも平成28年度に同じような問題が出題されています。

問題37.解答2

河川法の目的は、災害防御・水利用・環境整備とその保全です。ダム、堰、水門、堤防、樹林帯なども河川管理施設に含まれます。河川の区分(1級、2級、準用)とその管理者(国、都道府県、市町村)も確認しておきましょう。

問題38.解答1

2m以上接している必要があります。

問題39.解答4

問題40.解答3

騒音規制法と振動規制法で微妙に異なってくるので、しっかり頭の中で整理しておきましょう!舗装版破砕機は騒音ではなく「振動」で該当します。

問題41.解答2

所定の期限内(7日前まで)に市町村長に届け出る必要があります。平成22、28年度などに類題が出題されています。

問題42.解答4

問題43.解答3

水準測量で「地盤高」を求める問題はよく出題されていますね。こちらで類題をご紹介していますので、ご参照ください。

高低差

2.6-0.6=2.0m

0.4-1.8=-1.4m

1.6-0.2=1.4m

地盤高さ

10.0+2.0-1.4+1.4=12.0m

問題44.解答2

契約書は設計図書に含まれません。

問題45.解答4

まさか2年連続で出題されるとは思いませんでした!平成29年度のNo.45で全く同じ図が使われています(選択肢は異なります)。各部名称はこちらをご参照ください。

問題46.解答3

ローディングショベルは地表面よりも高い部分の掘削に適しています。

問題47.解答1

「近隣環境」に労務の供給は含まれません。

問題48.解答4

民間工事であれば、下請負契約の総額が4,000万円で作成します。

問題49.解答2

今回は式が問題中に提示されているので、これに当てはめて計算すればOKです。土量計算についてはこちらで類題をご紹介しています。当日は電卓を使用できないので、手計算でも正確に求められるようにしておきましょう。

Q=3×1/1.25×0.7×60÷2

Q=3×1×0.7×60÷(2×1.25)

Q=126÷2.5=50.4

問題50.解答4

問題51.解答3

ネットワーク工程表はこちらで詳しく解説していますので、ご参照ください。

3+6+8+4=21日

問題52.解答1

安全・衛生教育などは、元方事業者が場所や資料の提供を行います。作業場所の巡視は毎日行います。

問題53.解答4

手すりの高さは85㎝です。足場についての規則はここ10年でちょこちょこ変更されていますので、過去問を解く際にはご注意ください。こちらでその辺の事情もご説明していますのでご参照ください。

問題54.解答2

問題55.解答2

特別教育ではなく「技能講習」になります。

問題56.解答4

PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)。

問題57.解答1

ヒストグラムに関する問題はこちらでご紹介していますのでご参照ください。

問題58.解答2

問題59.解答4

3回の試験結果の平均が予び強度以上である必要があります。そのほかの項目についても、プラマイいくつまでOKか確認しておきましょう。

問題60.解答1

バイブレータ方式の方が低騒音です。

問題61.解答3

特定建設資材は「コンクリート、コンクリート及び鉄から成る建設資材、木材、アスファルト・コンクリート」の4つです。こちらで類題などご紹介しています。

お疲れ様でした!!

その1(No.1~30)

2級土木/管理人おすすめ参考書


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です