施工管理技士

ブロック塀の施工基準について



こんにちは、黒猫です。

今回は先日の大阪北部地震で話題になっていたブロック塀の安全基準について調べてみたいと思います。

どちらかと言えば建築施工管理技士の分野になりますが、「建築基準法施行令」を確認していきます。興味があればご参照ください(・ω・)

__________________________________________

こちらもご参照ください♪

2級造園施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級造園施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
2級土木施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級土木施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

こういう法令の文章って慣れていないと読みにくいものですが、コツとしてはまず構成を理解することです。今回引用した第62条の8の中には、さらに1~7までの項目があります。次に( )内はとりあえず読み飛ばし、全体像を理解した後で( )内を読み解く事です。それではいってみましょう!

建築基準法施行令 第62条の8

補強コンクリートブロック造の塀は、次の各号(高さ一・二メートル以下の塀にあつては、第五号及び第七号を除く。)に定めるところによらなければならない。ただし、国土交通大臣が定める基準に従つた構造計算によつて構造耐力上安全であることが確かめられた場合においては、この限りでない。
一 高さは、二・二メートル以下とすること。
二 壁の厚さは、十五センチメートル(高さ二メートル以下の塀にあつては、十センチメートル)以上とすること。
三 壁頂及び基礎には横に、壁の端部及び隅角部には縦に、それぞれ径九ミリメートル以上鉄筋を配置すること。
四 壁内には、径九ミリメートル以上の鉄筋を縦横に八十センチメートル以下の間隔で配置すること。
五 長さ三・四メートル以下ごとに、径九ミリメートル以上の鉄筋を配置した控壁で基礎の部分において壁面から高さの五分の一以上突出したものを設けること。
六 第三号及び第四号の規定により配置する鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて、縦筋にあつては壁頂及び基礎の横筋に、横筋にあつてはこれらの縦筋に、それぞれかぎ掛けして定着すること。ただし、縦筋をその径の四十倍以上基礎に定着させる場合にあつては、縦筋の末端は、基礎の横筋にかぎ掛けしないことができる。
七 基礎の丈は、三十五センチメートル以上とし、根入れの深さは三十センチメートル以上とすること。

いきなり文字だけではわかりにくいと思いますので、良かったらこちらの国土交通省のページもご参照くださいね。(PDFなのでパソコンで開くことをお勧めします♪)

なお、高さが1.2m未満の塀については第五号及び第七号を除く、とありますので控壁と基礎についてのルールは適用されません。

最後にもっと詳しく知りたい方にお勧めのサイトをご紹介します。

・ブロック塀の主な規定(有限会社 佐々木ブロック様)

・安全なブロック塀とは

今までは気にならなかった方でも、しばらくはブロック塀が気になりそうですね。お住いの市町村によっては、ブロック塀の撤去や代わりの生垣を植栽する際の費用を一部補助してくれる場合があります。大阪での地震を受けて、今なら多くの市町村のホームページでブロック塀の点検や安全基準について紹介されていると思いますので、ぜひご参照ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です