ハンドメイド

UVレジンで作るアクセサリー書籍のご紹介



こんにちは、黒猫です。

今回は、UVレジンを使ったアクセサリー作りが初めて!という方向けの書籍をご紹介したいと思います♪

☆☆画像をクリックすると、Amazonで詳細を見ることができます!☆☆

 

書籍をご紹介する前に、基本の材料と道具をご紹介します!

このようにUVライトやレジン液、封入パーツなど一通り揃ったセットも販売されていますが、初心者の方にはお値段的に少し敷居が高いですよね(><;)

 

 

個人的には、ひとつずつ必要な材料や道具を揃える事をお勧めします!最近ではDAISOやSeriaなどの100円ショップでもUVレジンの材料をそろえる事が出来ます(流石にライトはありませんが)。最初のお試しであれば、100円ショップでも十分かと思います。

 

★UVライト

まずは100円ショップで購入できないUVライトですが、とりあえず試しに作ってみたいという方は太陽光で固めてもOKです。もちろんこのようなライトを使用するとあっという間に硬化させる事が出来るので、ホコリが付くことも防げてお勧めです。

 

★レジン液

色々な種類がありますが、今回は私が使っているコスパの良いものをご紹介しておきますね!こちらはUVライトを5分程度照射することで硬化します。照射直後はべた付きが残っていますので、触ると指紋が付いてしまいます!しばらく乾燥させてから触るようにしましょう。出来上がりはツルツルとして透明感もあり、100円ショップの商品と比べると変色もしにくいです。

欠点としては、独特のにおいがすること、気泡を抜くのがやや難しいところですが、かなりコスパの良い商品ですので目をつぶってあげてください♪

 

★その他封入材料など

後はお好みの材料をそろえてくださいね!例えばシリコンモールドを使ってアクセサリーを作る場合は、「封入パーツ」と呼ばれるデコ素材も用意してください♪このモールドは最初から穴を空ける部分にレジンが入らないようになっているので、初心者にお勧めです。また封入パーツはネイルのデコ材料でも代用可能です!

 

それではそろそろ書籍のご紹介に移ります♪

☆☆画像をクリックすると、Amazonで詳細を見ることができます!☆☆

a.k.b.のいちばんわかりやすいUVレジン教室

レジンの基本の使い方からカラー写真付きで掲載されています。作り方の過程が丁寧に解説されているので、初心者の方にもお勧めです。デザイン案も豊富で、どれから作ろうか迷ってしまいそうです。

 

UVレジンで作るかんたんアクセサリー 

こちらもレジンや道具の基本の使い方から解説されています!特徴として、大きく分けて3つの方法でのアクセサリーの作り方が紹介されており、デザインも若い人向けの可愛らしいものが多い印象です。

 

 

さてここまで色々とご紹介して来ましたが、最初にレジンで作るなら、私はミール皿にパーツを並べて、その上にレジン液を流し込んでいくタイプのものをお勧めします。何故なら太陽光でも比較的作るのが簡単で、100円ショップでも材料が簡単に揃えられるからです♪

また様々な形のものが販売されているので、お好みのデザインのものを探すのも楽しいかと思います。ミール皿があれば、後は100円ショップの色付きレジンを流すだけでもオリジナルのチャームが作れます。ぜひお試しくださいね☆

 

ご質問などあれば私が分かる範囲でお答えしますので、お気軽にコメントください(・ω・)☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です