2級土木施工管理技士施工管理技士

【2級土木】平成30年度学科試験(後期)解答&プチ解説その1(No.1~30)



こんにちは、黒猫です。

こちらの記事では平成30年度 2級土木施工管理技術検定試験のうち、学科試験(後期試験・10月28日実施分)の解答を少し解説しながらご紹介していきます。問題はスペース削減のため省略しますので、問題を入手のうえご覧くださいね☆

__________________________________________

※問題用紙はこちらのサイトでダウンロードすることができます。
株式会社東北技術検定研修協会
解答速報

※こちらもご参照ください♪

2級土木施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級土木施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

合格基準は「得点が60%以上」なので、24問/40問以上正解で合格です!
(No.1~42は選択問題、No.43~61は必須問題です。全部で40問解答します)

平成30年度 2級土木施工管理技術検定試験 学科試験(後期試験)

問題01.解答3

定番の原位置試験を選択する問題からスタートでした。こちらで類題をご紹介しています。

問題02.解答4

こちらでご紹介しているように、知らない建設機械はYouTubeなどの動画サイトを活用して勉強すると良いですよ。

問題03.解答4

15t級のブルドーザであれば500kN/㎡以上、湿地ブルドーザで300kN/㎡以上、スクレープドーザで600kN/㎡以上、ダンプトラックで1200kN/㎡以上です。

問題04.解答3

問題05.解答1

すりへり減量についてはこちらをご参照ください(外部サイト)。

問題06.解答2

コンシステンシーはコンクリートの変形あるいは流動に対する抵抗性の程度をあらわします。

問題07.解答4

使用する内部振動機の性能等を考慮し、40~50cm以下にします。

問題08.解答4

(二)は木コンまたはプラスチック製のコーンなどの係止具を指しているようです。この図は試験で初めて見たかもしれません。

問題09.解答1

ディーゼルハンマは振動規制法の特定建設作業にも該当します。

問題10.解答2

オールケーシング工法は、ケーシングチューブを地中に圧入し、掘削機で掘削・土砂の排出を行い、できた孔にコンクリートを打設する工法です。こちらをご参照ください(外部サイト)。

問題11.解答3

これは定番のイラストですね。解答以外の部材についても名称を確認しておきましょう!

問題12.解答2

ここから選択問題です。平成29年度のNo.30でダクタイル鋳鉄管に関する問題が出題されていました。

問題13.解答1

問題14.解答3

コンクリートの中性化は、大気中の二酸化炭素がコンクリート内に侵入することで発生します。

問題15.解答2

上流から下流を見て右側を右岸,左側を左岸と呼びます。上から下、ですね。

問題16.解答4

洗堀が激しい場所において、河床の洗掘を防止するために設けられます。

問題17.解答3

まさにブログでご紹介した問題でした♪類題・解説はこちらをご参照ください。

問題18.解答4

問題19.解答2

15㎝が基本で、20㎝が上限のようです。

問題20.解答1

開放温度は50℃以下です。

問題21.解答3

クラックはひび割れ、ヘアクラックで細かいひび割れを指します。

問題22.解答4

コンクリートの施工手順は実地試験でも出題されることがあるので、しっかり確認しておきましょう。

問題23.解答1

問題24.解答2

問題25.解答4

これは平成27年度にも出てきた図ですね、基礎工と根固工を間違えそうなので注意しましょう。

問題26.解答1

問題27.解答3

問題28.解答2

問題29.解答4

こちらをご参照ください(外部サイト)。

問題30.解答4

※その2(No.31~61)に続きます。

2級土木/管理人おすすめ参考書


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です