2級造園施工管理技士施工管理技士

【2級造園】令和元年度学科試験(前期)解答&プチ解説その2(No.21~40)

こんにちは、黒猫です。

こちらの記事では令和元年度 2級造園施工管理技術検定試験のうち、学科試験(前期試験:2019年6月2日実施分)の解答を少し解説しながらご紹介していきます。問題はスペース削減のため省略しますので、問題を入手のうえご覧くださいね☆

__________________________________________

※問題用紙はこちらのサイトでダウンロードすることができます。
株式会社東北技術検定研修協会
解答速報

※こちらもご参照ください♪
2級造園施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級造園施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード__________________________________________

合格基準は「得点が60%以上」なので、24問/40問以上正解で合格です!
(2級造園は平成30年度より問題数が50問→40問に減りました。)

令和元年度 2級造園施工管理技術検定試験 学科試験(前期試験)

その1(No1~20)はこちら

問題21.解答4

急こう配では用いられない工法です。

 

問題22.解答4

これも何度か出題されている問題です。平成26年の問題27とか。1級造園になるとこれに使う石材の種類まで問われるようですが、2級では名称が分かればOKです。

 

問題23.解答2

これも過去問に似たようなのがあるにはあるのですが、造園施工管理技士の出題分野範囲の広さを象徴するような(と管理人は思っている)問題ですよね。直近で平成29年の問題28とかが似てます。

電気工事関係の問題は出ても1問なので、無理だと思ったら捨てましょう。

 

問題24.解答2

先ほどの電気工事と混同しないよう注意しましょう。給水工事関係は、深さだけでなく勾配や施工順序などもポイントになります。

 

問題25.解答1

詳細はこちらの外部サイトにて。試験レベルであれば、どの書類が設計図書に含まれるか分かればOKです。

 

問題26.解答3

計算問題きました♪歩掛100m^2当たり3人/日、期間は7日です。

(イ)条件と同じ3人なのでこのまま7日に換算します。

→100×7=700(m^2)つまり720m^2は施工不可能となります。

(ロ)条件と異なり5人での施工ですので、3分の5を掛けましょう。

→100×7×5/3=1166.66(m^2)…つまり1100m^2を施工可能です。

 

問題27.解答1

引っ掛かりそうですが、労務計画に安全管理は含まれません。それぞれの内容は参考書等で確認しておきましょう。

 

問題28.解答3

剪定枝でも建設発生土でもありませんでしたね~!似たような問題が多かったので流石に捻ってきましたかww最近流行りの問題ですので、要チェックです。こちらの記事をご覧ください。

 

問題29.解答4

ネットワーク工程表は確実に出題されると言っても最早過言ではありません!当サイトでもネットワーク工程表について解説した記事は常に人気ランキング上位です。是非攻略しておきましょう。

さて、今回の問題は…3+4+5=12日が正解です。

 

問題30.解答4

なるべく経費をかけない考え方は工事現場以外でも役立ちますよ。参考書で疑問点が解決できなければ、会社の同僚や上司に聞いてみると良いかもしれません。

 

問題31.解答3

イ、ロまで分かれば正解出来ますね。品質管理の問題は色々と覚える事があり大変ですが頑張りましょう!

 

問題32.解答1

数値を変えただけの問題が平成29年度の問題39で出題されている他、幹周については平成30年度(後期)の問題33でも出題されています。計算が苦手~という方はぜひ練習しておきましょう。

 

問題33.解答1

公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)から2問目の出題ですね、管理人的には計算問題だったらラッキーという感じです。詳細は参考書で勉強してください(・ω・`)ノポイッ

 

問題34.解答3

墜落の危険があると先に述べてるのに「飛来・落下物用」とは矛盾有りですね…「墜落」は人が落ちる時、「飛来」はモノが落ちる時に使います。

 

問題35.解答2

天候に関わらず高さ2m以上なら安全帯は必要です!ビルとかの工事現場を見かけると、ついチェックしてしまいますよね(管理人だけ…!?)。

 

問題36.解答3

いくら経験豊富でも1人で作業させてはいけません。作業指揮者を配置しましょう。

 

問題37.解答3

仮設物はOkなので、工事用材料の置き場は都市公園法上、問題ありません。

 

問題38.解答2

工事を行う事自体に問題はありません。県外でも施工OKです。営業所を県外に置く場合には、国交省大臣の許可が必要です。建設業法は金額も押さえておきたいですね、古い参考書を使用している方は改正されているので注意してください。

 

問題39.解答2

施工体制台帳に請負金額は関係ありませんので、記載されていなくてOKです。

 

問題40.解答2

消去法で2が選べそうです。労働基準法は知っておいて損はありません。

 

お疲れ様でした! 😀 

 

管理人お勧め参考書

 

皆さまは「令和」に慣れましたか?平成生まれの管理人ですが、実は令和に変わった5月1日が誕生日でした。良い1年になりそうな予感です☆

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です