2級土木施工管理技士施工管理技士

【2級土木】令和元年度学科試験(後期)解答&プチ解説その1(No.1~31)

こんにちは、管理人の黒猫です。

こちらの記事では令和元年度2級土木施工管理技術検定試験のうち、学科試験(後期試験・2019年10月27日)の解答を少し解説しながらご紹介していきます。問題はスペース削減のため省略しますので、問題を入手のうえご覧くださいね☆

__________________________________________

※問題用紙はこちらのサイトでダウンロードすることができます。
株式会社東北技術検定研修協会
解答速報

※こちらもご参照ください♪

2級土木施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級土木施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

合格基準は「得点が60%以上」なので、24問/40問以上正解で合格です!
(No.1~42は選択問題、No.43~61は必須問題です。全部で40問解答します)

令和元年度 2級土木施工管理技術検定試験 学科試験(後期試験)

問題01.解答1

室内試験か原位置試験か、どのような値が求められるのか、整理して覚えておきましょう。こちらで類題をご紹介しています。

問題02.解答4

こちらでご紹介しているように、知らない建設機械はYouTubeなどの動画サイトを活用して勉強すると良いですよ。参考:ロードローラー動画(youtube)

問題03.解答2

原則として、大型の締固め機械により入念に締め固めるのが正解です。こちら、類題が平成29年の1級土木で出題されていたようです。う〜む。。。

問題04.解答3

「地下水位低下工法は、住宅地や道路部分の地下水位の高さを強制的に低下させて液状化による被害 を軽減させたり、地表面下の数メートルを非液状化層とすることにより、液状化が発生する可能性を 軽減し、液状化の被害を抑制する工法である(国土交通省HPより抜粋)」

ウェルポイント工法(Wellpoint Method)が該当します。

問題05.解答1

コンクリートに関する出題は学科・実地共に多いので要注意です。風化して密度が大きくなるとは考え難いので、多くの方が正解を導き出せたのではないでしょうか。

問題06.解答4

打ち込んだコンクリートの横移動禁止や養生中のコンクリートを乾燥させてはいけないなど、基本事項はしっかり覚えておきましょう。

問題07.解答3

気温によって許容される施工時間が異なります、細かいですがしっかり覚えて得点につなげましょう!

問題08.解答2

重要な部分を優先して取り外してしまう、、、とは現場をよく知らずとも違和感を感じますね。消去法で選択肢を絞って自信を持って回答したいです。

問題09.解答1

もし専門外の分野であっても、少しの知識があれば正解できる可能性があります。試験までまだ時間がある場合には、それらの問題にも目を通して見ると良いでしょう。

問題10.解答4

回答予定だった分野の選択問題に自信を持って答えられる問題がなければ、少しでも正解できそうな問題を見つけて回答しましょう!

問題11.解答3

これは頻出の図ですね。どこの名称を問われても良い様に覚えておきましょう。

問題12.解答4

ここから専門性が高い分野となります、問題31までの20問から6問を選択して回答します。

問題13.解答3

ケーブルクレーン架設工法についてはこちらの外部サイト様をご参照ください。

問題14.解答1

もし試験用の参考書の前にコンクリートの入門編をお探しでしたら、こちらの書籍をオススメします。基本的なことも解説がちゃんと付いており、新人の方にも◎♩

問題15.解答2

平成29年にも同様の選択肢が正解となる問題が出題されていました。河川堤防についてはこちらの記事をご参照ください。

※引堤とは…河川改修工事において、水路幅の拡大、堤防法線の修正などのために既設堤防を堤内側に移動させることをいう。(みんなで作る土木用語辞典より)

問題16.解答1

こちらも平成28年に出題された問題に似ていますね。過去問を使った学習が有効であると感じて頂けましたら幸いです。

問題17.解答2

堰堤の構造はよく問われますので、名称や役割、施工順序について理解し覚えておくと良いでしょう。(イラストを書きながら考える学習方法がオススメです)

問題18.解答4

水を集めて”地滑り地内に浸透”させちゃマズイですよね、大問題です。。

問題19.解答1

問題20.解答4

「転圧終了後、一般的には舗装表面の温度がおおむね50℃以下となってから交通開放します。これは、交通開放直後のわだち掘れなどの舗装の初期変形を抑制するためです。(日本アスファルト協会HPより抜粋)」

問題21.解答2

ヘアクラック(hairline crack)とは、名前の通り髪の毛の様に細くて短いひびの事だそうです。

問題22.解答3

底面ではなく”表面から”が正しいです。

問題23.解答4

問題24.解答1

問題25.解答3

問題26.解答1

問題27.解答2

問題28.解答4

問題29.解答1

問題30.解答2

ちょっとヒントが少ない分難易度高めですが、平成30年にも似た選択肢が正解となる問題が出題されていましたので、しっかり過去問で学習していた方は正解できたのではないでしょうか。

問題31.解答3

専門分野の選択問題はここまでです。

その2(No.32~61)に続きます。

管理人お勧め参考書

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です