2級造園施工管理技士施工管理技士

【2級造園】令和元年度学科試験(後期)解答&プチ解説その1(No.1~20)



こんにちは、管理人です。

こちらの記事では令和元年度 2級造園施工管理技術検定試験のうち、学科試験(後期試験:2019年11月実施分)の解答を少し解説しながらご紹介していきます。問題はスペース削減のため省略しますので、問題を入手のうえご覧くださいね☆

__________________________________________

※問題用紙はこちらのサイトでダウンロードすることができます。
株式会社東北技術検定研修協会
解答速報

※こちらもご参照ください♪
2級造園施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級造園施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード

__________________________________________

合格基準は「得点が60%以上」なので、24問/40問以上正解で合格です!
(2級造園は平成30年度より問題数が50問→40問に減りました。)

令和元年度 2級造園施工管理技術検定試験 学科試験(後期試験)

問題01.解答1

こちらの記事で日本庭園についての類題をご紹介しています。日本庭園は写真を見ながら覚える事をお勧めします!選択肢の正しい組み合わせは以下の通りです。

  • 浄瑠璃寺庭園:池泉浄土式庭園

  • 大徳寺大仙院庭園:枯山水式

  • 天龍寺庭園:枯山水式

問題02.解答3

土壌の色は亜一般に有機物が多いほど”黒味”を増す。が正解となります。

問題03.解答2

黒曜石パーライトは主に土壌の透水性を改善するものなので誤りです。

問題04.解答4

窒素(N)=葉肥、リン酸(P)=花肥、カリ(K)=根肥を必ず覚えましょう。こちらで関連問題をご紹介しています。

問題05.解答1

この分野も写真を見ながらの学習をお勧めします。こちらで害虫や植物の病気に関する問題をご紹介しています。

問題06.解答3

アカマツ、マンリョウは萌芽力が弱いので誤りです。

問題07.解答3

ヤマブキは春、ムクゲは夏ごろなので正解です。全ての樹木の開花時期や特徴を覚えるのは無理がありますが、直近の過去問で出題されたものくらいはマスターしておきましょう!(あとは運次第…^^;)

問題08.解答1

開花時期から逆算…も不可能では無かったでしょうか。管理人は問題07,08などの暗記系が苦手です。試験まで時間がなければ諦めるのも手でしょう。

問題09.解答3

しばしば見かける図ですね。それぞれの名称は覚えておきましょう。

問題10.解答3

根回しの意味が考えればこの選択肢はおかしいですね。一連の作業の手順や注意点は実地試験でも役立ちますので覚えておきましょう。

問題11.解答2

根鉢の表土は取り除くのが一般的です。選択肢4は少々引っかかる記述でした。

問題12.解答3

常緑広葉樹の植付けは梅雨が良いとされています。他の選択肢についてもそれぞれ確認しておくと良いでしょう。その際、合わせてそうすると良い理由も調べると覚えやすいと思います。

問題13.解答4

こちらも同様です。なぜ夏の剪定が好ましくないのか、理由も含めて調べると頭に入りやすいです。

問題14.解答2

定着させるためにローラーなどで転圧します。西洋芝と日本芝の問題やイラスト付きの張り付け方に関する出題が多いですが、作業手順についても抑えておきましょう。

問題15.解答1

元肥・追肥・お礼肥の目的や使用される肥料の特性は整理しおくと良いでしょう。

問題16.解答3

平成30年度前期にも類題が出題されました。有効幅は車椅子同士のすれ違いを想定しており、180センチが正解です。

問題17.解答1

南北方向とすることが望ましいです。また、メインスタンドは西側に設けるのが一般的です。これにも理由があり、西日がプレーに与える影響を小さくするためです。その他、地域ごとの恒常風などを考慮します。

問題18.解答3

これは中々お見かけしない問題でしたね、正解できた方は素晴らしいです!普段目にする機会の少ない方は、ぜひ写真も見ておいてください。

問題19.解答4

締固め土量から地山の土量を求め、それを使ってほぐし土量を求めます。

地山の土量=5400/0.9=6000

ほぐし土量=6000×1.2=7200

こちらの問題は苦手意識のある方が多いのではないでしょうか(私もそうでした)。間違えてしまった方はこちらの記事をご参照ください。

土量計算【土量の変化率】を攻略!

問題20.解答1

モルタル=セメント+水+砂

その2(No.21~40)に続きます。


2級造園/管理人おすすめ参考書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です