2級土木施工管理技士施工管理技士

【2級土木】令和三年度学科試験(前期)解答&プチ解説その1(No.1~31)



こんにちは、管理人の黒猫です。

こちらの記事では令和三年度2級土木施工管理技術検定試験の前期試験(2021年6月6日実施分)の解答を少し解説しながらご紹介していきます。問題はスペース削減のため省略しますので、問題を入手のうえご覧くださいね☆

__________________________________________

※問題用紙はこちらのサイトでダウンロードすることができます。
株式会社東北技術検定研修協会
解答速報

※こちらもご参照ください♪

2級土木施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級土木施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

合格基準は「得点が60%以上」なので、24問/40問以上正解で合格です!
(No.1~42は選択問題、No.43~61は必須問題です。全部で40問解答します)

令和元年度 2級土木施工管理技術検定試験 学科試験(前期試験)

問題01.解答2

こちらの記事でご紹介しているように、知らない建設機械はYouTubeなどの動画サイトを活用して勉強すると良いですよ。※ランマ参考動画(YouTubeに飛びます)

問題02.解答4

大体の参考書に試験の名前や目的が一覧表でまとまっていると思いますので、なるべく覚えておきましょう。今回は「貫入」と言う言葉からイメージして粗粒度を調べるものではなさそうですよね。土質試験の類題はこちらでご紹介しています。

問題03.解答3

こちらも落ち着いて読めば正解できそうですね。含水比が〜って2回も言われているのに、最後に空気量の調整!?と気がつければOKです☺️

問題04.解答3

サンドコンパクションパイル工法についてはこちら(wikipediaに飛びます)を参照ください。選択問題ですので、選択予定の方はそれぞれの工法の特徴を掴んでおいてくださいね。ちなみに令和2年の後期試験でもサンドコンパクションパイル工法が正解の選択肢になっていました!

問題05.解答2

コンクリートに関する出題は学科・実地共に多いので要注意です。今回の問題では、凍ってしまう水が多い(=吸水率が大きい)と凍害への対策としては成立しない事に気がつければOKです☺️

もし試験用の参考書の前にコンクリートの入門編となる書籍をお探しでしたら、こちらの書籍をオススメします。取っ付きやすくて新人の方にも◎♩

問題06.解答1

外気温が25℃を超える場合は1時間半以内、が正解です。気温と施工時間の関係は参考書にも説明があると思いますので、まだ覚えていない方はぜひ確認しておいてください。

問題07.解答1

選択肢(1)の説明だとワーカビリティになりますかね。コンシステンシーとワーカビリティについてはこちらのサイトを参照ください。

問題08.解答3

え、セパレータってこれで合ってますよね?こうも堂々と「塗布する」なんて言われるとドキドキしちゃいます😅 選択肢(4)も微妙に引っ掛けな気がしますが、型枠を取り外す際は荷重が少ない場所から外していくのが一般的かと思いますので、そう言う事ですかね。

問題09.解答4

油圧ハンマーは油煙の飛散が少ないのが特徴です、詳しくはこちらのサイトを参照ください。

問題10.解答4

オールケーシング工法についてはこちら(Wikiに飛びます)を参照ください。施工方法に加えて使用機材も理解していないといけないので、ちょっと難易度高めの問題ですね。選択問題ですので解答予定の方は参考書等で確認をお願いします💦

問題11.解答2

土留め壁の種類や特徴はよく出題されるので参考書に一覧表が載っているかと思います。連続地中壁は経済的ではありません。柱列杭は剛性が大きく、深い掘削もOKです。親杭・横矢板は地下水NGで、施工は比較的容易となります。
この問題、令和元年の11問目とかなり似ているので気になった方は確認してください。

問題12.解答3

ここからは専門ですね。No.12 〜 No.31までの20問題から6 問題を選んで解答となります。

問題13.解答1

問題14.解答4

凍害は先ほども出てきましたね。コンクリート中の水分が凍ったり溶けたりするのが原因ですので、荷重は関係ありません。詳しく知りたい方はこちらのサイトを参照ください。

問題15.解答2

名称河川堤防についてはこちらの記事をご参照ください。天端は法面の途中ではなく、トップに設けるものですので適当ではありません(下図を参照ください)。

問題16.解答4

護岸基礎工は川の底を覆う様なものではありませんよね。もしかしたら今まであまりなかった選択肢かもしれませんが、構造をイメージ出来ていれば正解できたかと思います!☺️

問題17.解答1

堰堤の構造はよく問われますので、名称や役割、施工順序について理解し覚えておくと良いでしょう。(イラストを書きながら考える学習方法がオススメです)

問題18.解答3

問題19.解答3

数字がわんさか出てきて難易度高めですね…。ここ数年でも仕上がり厚さを等問題が何度か出題されています。解答予定の方は、少なくとも参考書に掲載されている数字だけでも覚えておきましょう💦

問題20.解答4

転圧終了後の交通開放は、舗装表面の温度が約50℃以下になってから行われるのが一般的な様です。

問題21.解答3

ヘアクラックの写真はこちらを参照ください。規則的なひび割れではありません。ヘアクラックの”ヘア”はhair(髪)だそうです。文字通り、と言えば文字通りですかね😅

問題22.解答1

たわみ性舗装⇄剛性舗装
詳細はこちらのサイトを参照ください。試験ではあまり見覚えのない単語だな〜と思ったのですが、平成29年度にも出てきてますね。

問題23.解答4

問題24.解答4

問題25.解答3

海岸堤防の類題はこちらの記事でご紹介しています。あまり詳しくないのでイメージで話しますが、堤防用地が容易に得られない・狭い場合に直立型、と言うのは良いですよね。ただし、その場合堤防の安定性とかを確保するためには軟弱な地盤ではダメなんだろうなぁ〜と言う気がします。

問題26.解答3

問題27.解答2

問題28.解答4

問題29.解答1

土圧式シールド工法についてはこちらのサイトを参照ください。

問題30.解答1

上下水道、結構覚えることありますよね…(遠い目)
管理人は施工方法であれば選択したかもしれません、どうしても解答すると言う方は参考書で材料の特徴まで覚えてください〜😅

問題31.解答4

––

その2(No.32~61)に続きます。

2級土木/管理人おすすめ参考書


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です