【2級造園】令和三年度学科試験(前期)解答&プチ解説その1(No.1~20)



こんにちは、管理人です。
こちらの記事では令和三年度 2級造園施工管理技術検定試験のうち、学科試験(前期試験:2021年6月実施分)の解答を少し解説しながらご紹介していきます。問題はスペース削減のため省略しますので、問題を入手のうえご覧くださいね☆
__________________________________________
※問題用紙はこちらのサイトでダウンロードすることができます。
株式会社東北技術検定研修協会
解答速報

※こちらもご参照ください♪
2級造園施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級造園施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

合格基準は「得点が60%以上」なので、24問/40問以上正解で合格です!
(2級造園は平成30年度より問題数が50問→40問に減りました。)

令和三年度 2級造園施工管理技術検定試験 前期学科


問題01.解答1

無鄰庵庭園(むりんあん・ていえん)ですが、京都にある庭園です→公式サイトへ
こちらの記事で日本庭園についての類題をご紹介しています。日本庭園は写真を見ながら覚える事をお勧めします。(雑談:京都はあちこちにお寺や日本庭園があるので気合入れて見て回らなきゃですよね😆コロナが収束したらまた行きたいです)

問題02.解答3

ピートモスはアルカリ性の強い土壌を中和するのに用います。反対に、酸性の強い土壌には消石灰や炭酸カルシウム等を用います。こちらの記事で類題を解説していますので良かったら参照ください。

問題03.解答3

黒曜石パーライトは主に土壌の透水性を改善するものです。改良材の名称、利用目的や効果は参考書などで押さえておきましょう!

問題04.解答1

窒素(N)=葉肥、リン酸(P)=花肥、カリ(K)=根肥を必ず覚えましょう。これで大体の問題パターンは正解できます!こちらの記事で関連問題をご紹介しています。

問題05.解答1

こちらで害虫や植物の病気に関する問題をご紹介しています。なるべくカラー写真等を検索しながらの勉強をお勧めします!(図鑑等があればそれでもOK!)

問題06.解答3

どちらも小さな花が咲く樹木ですね、知らない樹木が出題された時は消去法で正解率をあげましょう。こちらも写真を見ながらの勉強がお勧めですが、試験までに時間がなく暗記が苦手な方は諦めるのも良いでしょう。

問題07.解答2

(私は暗記を諦めた口なので偉そうなこと言えないのですが😅、)こちらも先程と同様です〜

問題08.解答1

日本は世界で見たら高温多湿な部類ですね。日本芝と西洋芝の違いは押さえておきたいポイントです。覚える時は、日本と海外(ヨーロッパやアメリカですかね)の気候をイメージしながら覚えると良いですよ。こちらの記事にて類題を紹介しておりますので参照ください。

問題09.解答3

林野庁のHPに写真つきで良い感じの資料があったので良かったら参照ください→こちら
これはもしかすると新手の問題かもしれません、丸太ではなく竹材について問われたことありましたかね〜!?😮

問題10.解答3

5センチ→15センチが正しいかと。根回しは実地試験でも頻出ですので、一通りの作業の流れや作業内容と目的を押さえておきましょう。

問題11.解答4

キンモクセイは秋、ハナミズキは春、ヤブツバキは冬〜春、サルスベリとムクゲは初夏に花が咲く樹木です。なぜ開花に影響を与えるのかピンときていない方は参考書に理由が載っていると思いますのでご確認ください🌸

問題12.解答3

目地張りは管理人が受験した年の実地試験で印象的な問題が出たのでこちらで記事にしています。先ほど日本芝と西洋芝の問題がありましたが、工法にも着目しておきましょう!

問題13.解答3

それ程種類は多くないので、それぞれの花壇の特徴は押さえておきたいポイントです。
(1)⇨舗石花壇はレンガやコンクリート平版などの舗装材の一部を抜き取って、草丈の低い草花や低木類等を植えたものです
(2)⇨境栽花壇の説明です
(4)⇨沈床花壇の説明です

問題14.解答2

車いす使用者に配慮した園路の設計については類題がボチボチ出てきていますね。ただ年によって横断勾配だったり道幅だったりと微妙に問われるポイントが異なるので、参考書にまとまっていなければ自分で情報を整理した方が良さそうです!
試験勉強という意味では詳しすぎる資料ですが、良かったらこちらを参照ください。

問題15.解答1

これは太陽光が眩しくてプレーに影響しないようにとの配慮で公式には緯度ごとに細かく定まっているそうですよ。メインスタンドを西側に配置するのも太陽光が理由です☀️

問題16.解答3

1:竜安寺垣、2:沼津垣、3:建仁寺垣、4:?(ごめんなさい😅)

問題17.解答2

今回分かっているのは変化率の他に施工後の締固めた土量(2700m3)ですね。
まずはこれを使って地山の土量を求めましょう。
地山の土量=2700/0.9=3000m3
続いて、地山の土量から運び出す土量を計算します。
ほぐし土量=3000×1.2=3600m3

土量計算の問題に苦手意識のある方はこちらの記事をご参照ください。
参考書によっては各値を求めるための式や表があったりすると思いますが、管理人は式を二つだけ覚える方法をお勧めします(覚えるポイントは「変化率=」「地山が分母」です🌱)!

問題18.解答2

もし試験用の参考書の前にコンクリートの入門編をお探しでしたら、こちらの書籍をオススメします。基本的なことも解説がちゃんと付いており、新人の方にも◎です。

問題19.解答1

素掘り側溝は仮設や応急処置等、一時的な排水路として用いるケースが多く、深堀はしません!

問題20.解答3

これはよく出てくる図ですね。試験勉強としては、過去問をいくつか見比べて選択肢に関係する部位の名称だけ覚えたら良いと思います、大体同じところが問われていますので😄

その2(No.21~40)に続きます。


2級造園/管理人おすすめ参考書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です