2級造園施工管理技士施工管理技士

【2級造園】令和三年度学科試験(前期)解答&プチ解説その2(No.21~40)



こんにちは、管理人です。
こちらの記事では令和三年度 2級造園施工管理技術検定試験のうち、学科試験(前期試験:2021年6月実施分)の解答を少し解説しながらご紹介していきます。問題はスペース削減のため省略しますので、問題を入手のうえご覧くださいね☆
__________________________________________
※問題用紙はこちらのサイトでダウンロードすることができます。
株式会社東北技術検定研修協会
解答速報

※こちらもご参照ください♪
2級造園施工管理技術検定試験【お勧め参考書と勉強方法】
2級造園施工管理技術検定試験【過去問をマスターして合格を目指す】学科試験解答用紙ダウンロード
__________________________________________

合格基準は「得点が60%以上」なので、24問/40問以上正解で合格です!
(2級造園は平成30年度より問題数が50問→40問に減りました。)

令和三年度 2級造園施工管理技術検定試験 前期学科

その1(No.1~20)はこちら

問題21.解答2

このイラストを覚えていれば解けますので参考にしてください。また、こちらの記事で類題をご紹介しています。

問題22.解答2

先ほどの電気工事と混同しないよう注意しましょう。正しくは30cm以上です。給水工事関係は、深さだけでなく勾配や施工順序などもポイントになります。

問題23.解答2

工程表や現場組織表は基本的に受注した側が作成するものですよね、そこで見分けられるのではないでしょうか。

問題24.解答3

デミング・サークル、いわゆるPDCAですね⭕️
Plan(計画)→Do(実行)→Check​(評価)→Action(改善)

P:2 →計画(C)
D:1 →実施
C:3 →評価(A)
A:4 →改善(B)

問題25.解答4

建設発生土と剪定した枝葉は産業廃棄物に該当しません🙅‍♀️。これさえ覚えていれば産業廃棄物の問題は大体正解できるので是非!類題はこちらの記事をご覧ください。

問題26.解答4

④から点線で③と⑤に繋がっているので注意が必要です。
A→C→G→H→I
3+4+3+4+2=16日

クリティカルパスについては類題解説のほか、オリジナルテストもご用意しておりますのでぜひご活用ください〜!👍

問題27.解答2

直接費は、一般に作業速度を経済速度以上に速めてしまうと「増加」する傾向にあります。(クラッシュタイム、いわゆる突貫工事をイメージしてください)

間接費・直接費・最適工期

建設費と工期の関係はこちらのグラフを覚えておくと良いかと思います。詳しくはこちらの記事を参照くださいませ!何が間接費になるのか、直接費になるのか参考書でじっくり確認しておきましょう。

問題28.解答2

分岐している場合は、上部を測定します。通常幹は上に向かって細くなりますので、下部を測定すると本来の値よりも太めに測定できてしまうためかと思います。🌳

問題29.解答1

今回は前後の項目から消去法で正解できそうですね。この辺は参考書にきっとまとめて載っていると思いますので、よく見ておいてください〜

問題30.解答4

点検責任者を決めておく必要があるためNGです〜

問題31.解答2

原則継いで使ってはいけないのですが、やむを得ない場合は接続部を1.5m以上重ね、2カ所以上で固定することで用いることができます。

問題32.解答1

作業床の幅は40cm以上必要です。また、隙間は3cm以下にしなくてはいけません。詳しくはこちらの資料をご参照ください。

問題33.解答4

うーん、ちょっと難易度高めですかね。平成30年度の問題37が類題になります。都市公園の管理者(県や市)が許可を出せば設置可能です。
・占用物件についての法令はこちらご確認ください、第12条です。
・占用の許可についての法令はこちらご確認ください、第6条あたりです。

問題34.解答4

改正があってからしばらく金額に関わる問題は避けられていたようですが、いよいよ出題されるようになりましたね😆

例えば8,000万円で受注して、4,000万円を下請けに依頼する場合は現場に監理技術者を配置しなくてはなりません。この辺の政令改正についてはこちらの記事を参照ください。
※改正があったのが2016年なので今から5年前くらいです。それ以前の過去問では場合によっては正解が変わってくるかもしれません。ご注意ください。

問題35.解答3

一つ目は雇い入れ時教育なんて言われるやつですね。休暇後の教育については定められていません。

問題36.解答4

労働基準法の第13条で「この法律で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については無効とする。」と定められています。→法令はこちらのサイトで確認いただけます

問題37.解答1,4

ここから何やら新しい形式の問題となっていますね!😮
問われている内容自体はさほど真新しい感じはしませんが、正解が一つでないのが厄介です。

今回は竹3本を使った八ツ掛支柱です。
(2)→こちら、丸太であれば正解だったのですが…竹の場合には釘は使用しません🙅‍♀️
(3)→留杭は垂直ではなく斜めに角度をつけて打ち込みます

問題38.解答1,2,3

平成20年度にも延段についての問題がありましたが、正解を全部選ばないといけないのがツライですね、これは難易度高い〜💦

TやY型はOKです。参考書にそこまで載っているか分かりませんが、NGな石の並べ方がいくつかあるので確認しておいてください。延段の施工方法詳細はこちらのサイト様を参考ください。

問題39.解答2,3,4

(1)は安全管理に関する記述です。

問題40.解答1,4

今回は3本立のツバキで、樹高の規格がH=3.0mとなっています。
ポイント①過半数が所要の樹高に達している
ポイント②所要の樹高の70%以上に達している(3.0mの70%なので2.1m)

(ア) →OK🙆‍♀️
(イ) →NG🙅‍♀️(1本しか所要の樹高に達していないため)
(ウ) →NG🙅‍♀️(所要の樹高の70%に達していないものがあるため)
(エ) →OK🙆‍♀️

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
皆様の合格をお祈り申し上げます⭐️

🐱その1(No.1~20)はこちら🐱


2級造園/管理人おすすめ参考書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です